二階堂和美 nikaido kazumi

news

2011.05.11

「mina-perhonen」2011-12AWコレクションの映像でモデル出演!

果てしなく素敵なブランド「mina-perhonen」の2011-12秋冬コレクションの映像に、なんと、二階堂和美がモデル出演させていただきました!!!!!!!!!!
“世界のミナガワ”の洋服を着て、そのテーマを歌と動きで演ずるという、ライブ感たっぷりの、密かにものすごい企画。

以下、mina-perhonen NEWSより転載です!
_____________________

鮮やかに、香ばしく輝く赤、深いかげりの奥にあるブラウンやネイビー。
発表したばかりの2011-12AWコレクションから映像をつくりました。
「わたしというあなた」をテーマに
今回は、その歌と声が素晴らしい二階堂和美さんに出演していただいて、
対比し交差する「わたし」の内面を描きました。
その映像を、白金台と京都にて上映いたします。
_____________________

今週末は東京にて、来週末は京都にて、上映会が予定されております。
予約制です。定員になりましたら締め切りとなりますので、ご了承ください。
詳しくはmina-perhonenのHPにて!

read more

2011.05.08

今晩、横川シネマでトークショー出演

突然ですが、ただいま広島は横川シネマのレイトショーにて上映中の映画「尻舟」の本日5月8日21:00からの上映後、なぜか宮本杜朗監督と私のトークショーが行われます。監督とはまったく面識がないのですが、この作品、DODDODOとオシリペンペンズのモタコくんらが主演ということで、2009年当時「見たいなー、やらないの?」と横シネ支配人溝口さんにつぶやいていたら、かなえてくれました!気長に待ってみるものです。ありがとう溝さん。
みてみたら、ほとんどみんな知り合いだった。
というわけで、DODDODOか誰かが来るのかと思いきや、全く関係ない私がお相手ですみません、深夜です、GW最後の日曜日の深夜です、・・・来られる方はよほどの方ですね・・・というわけでこちらも、今週になってひょんなことから宮本監督との縁が他方で繋がり、別件のビデオレターを宮本監督に撮ってもらおうとしていたりします。そんなんアリか?トークショー後、よかったら一曲おつきあいください。

20110419_2066763.jpg
路上でお尻の絵を描きながら生活している男・村越が出会った、裸で寝そべるホームレス・麻子の尻…それは村越の理想の尻だった。が、麻子から誤解を受けた村越は、それが正しいのかどうかも分からないままバイトをして金を稼ごうとする…。「堀川中立売」石井モタコと「こぼれっぱなし」DODDODO、現在”こんがりおんがく”のレーベルメイトでもある二人の存在感と乾いた叙情が笑いを誘う、関西アンダーグラウンド発信の愛すべき注目作。

監督:宮本杜朗
出演:石井モタコ DODDODO 和田シンジ
2009年/日本/82分

尻舟

横川シネマ

read more

2011.05.05

「タラとニカ」予約特典CD-R残りわずか!&ツアー情報

二階堂和美渾身の新作も完成目前となりましたが、一足お先にリリースされる「タラとニカ」の発売まで、あと10日となりました!
発売元のスウィート・ドリームスでのご予約を頂いた方に、おまけでついてくる特典CD-Rも残りわずかとなっているようです(5/2時点であと30枚程度)。アルバム未収録5曲(曲?)に三田村亮さんの素敵な写真(live@簗田寺 2010)のジャケもちゃんと入った、おまけにしては随分上等な仕上がり!先着順です。お早めにどうぞ!

※定数に達しましたので終了です。ありがとうございました。

bonuscd_cover.jpg
『Take a look inside of a bonus CD for Tara Jane O’Neil & Nikaido Kazumi』
『ニカとタラ』特典CD-R(スウィート・ドリームス・プレスでのご予約・ご購入の方へのプレゼント。限定品。)
5曲入/22分
先着順です。品切れの場合はご了承ください。
ご予約はこちら

以下スイートドリームスのニュースより転用。
____________________

さて、タラ・ジェイン・オニール&二階堂和美の共作アルバム『タラとニカ』、リリースまであと2週間となりました。かねてよりお伝えしていますが、スウィート・ドリームス・プレスでご予約・ご購入の方には先着で特典CD-Rをお付けいたします。で、その内容が決定しましたので、ここでチラリご紹介。

収録曲は、伝説の琵琶湖畔セッション(2008年)から1曲、驚愕の旧グッゲンハイム邸セッション(2010年)から1曲、そして、悶絶の簗田寺公演(2010年)からのライヴ・トラックが3曲で計5曲となりました。もちろんすべてアルバム未収録曲です(簗田寺公演で話題となったファン垂涎のあの曲も入ってます!)。マスタリングは東岳志さん(うち、一部録音含む)。そして、カバー写真は三田村亮さん。上の写真のようにちゃんとジャケットもつくるので、仕上がりをどうぞお楽しみに。また、現時点で、既に残り30枚程度となりましたのでお早目のご予約をおススメします。なお、ご予約方法についてはこちらをごらんください。
_____________________________

さらに、Tara Jane O’Neil & Nikaido Kazumi Japan Tour 2011
タラとニカのジャパン・ツアー2011が決定しました!

tara_nika_2-1.jpg

*写真は昨年の簗田寺公演より。撮影=三田村亮

タラ・ジェイン・オニール&二階堂和美の共作アルバム『タラとニカ』のリリースを記念してふたりが全国4都市をめぐることになりました。2002年最初のジャパン・ツアーから、タラ・ジェイン・オニールとは多くのステージを共にしてきた二階堂和美。「ニカと一緒にレコードがつくりたい」。タラからの熱烈なラヴ・コールを受け、ふたりは2008年と2010年、二度のツアーの合間を縫ってレコーディングを敢行します。サウンド・アーティストとしてのタラ・ジェイン・オニールの直観力、ヴォイス・パフォーマーとしての二階堂和美の敏捷性。ふたりの息遣いは『タラとニカ』というささやかな1枚のレコードに吹き込まれました。愛らしく、狂おしく、しおらしく、微笑ましく…、さらに、かしましく、喜ばしく、物悲しく、意気揚々と…。そんな『タラとニカ』の小さな世界をぜひ覗きにいらっしゃってください。

タラ・ジェイン・オニール | Tara Jane O’Neil
米イリノイ州シカゴ生まれ。その後、ケンタッキー州ルイヴィルで育ち、現在はオレゴン州ポートランド在住。ロダンのベーシストとしてキャリアをスタートし、幾つかのバンドのメンバーとして活動しながら、憂いのあるシンガー・ソングライターとして2000年よりソロ活動を開始。現在までに6枚のオリジナル・アルバムを発表している。また、マルチ・インストゥルメンタリストとしても知られ、アイダ、セバドー、ミラー、ジャッキー・オー・マザーファッカーなど、様々なアーティストの録音作品に客演をしてきたことも知られている。

二階堂和美 | Nikaido Kazumi
広島県大竹市在住。90年代中頃からギターと声を中心とした音楽活動を始める。あらゆる感情の振れ幅を表現してしまう歌声と、全身から音楽を紡ぎ出すようなステージングによって、余人の追随を許さない輝きを放つ歌い手として知られる。その間口の広さとジャンル横断的なスタンスから、他アーティストとのコラボーレションや来日アーティストとの共演の機会も多く、邦楽・洋楽の別を問わず、幅広いファンの支持を得ている。2011年7月には5年ぶりとなる待望の新作ソロ・アルバムがリリースされる予定。

6月22日(水)広島 ヲルガン座(082-295-1553)

6月23日(木)神戸 旧グッゲンハイム邸(078-220-3924)

6月24日(金)京都 アバンギルド(075-212-1125)

6月25日(土)町田 簗田寺

*各公演の前売りチケット予約は、会場、あるいは前日まで「info.sweetdreams@gmail.com」でも受け付けています。お名前・電話番号・希望公演日・希望枚数をお知らせください。当日、会場受付にて前売料金でのご精算/ご入場とさせていただきます。

共催/協力:二階堂和美(広島)、塩屋音楽会(神戸)、簗田寺(町田)、saitocno(町田)、カクバリズム、ブリッジ

企画・制作:スウィート・ドリームス・プレス

各ライブの詳細はこちら、あるいは liveにて

read more

2011.04.16

NEW RELEASE!『タラとニカ』5月15日 Sweet Dreams より発売決定!

自分のアルバムと平行して、3年越しで大切にあたため続けてきたタラ・ジェーン・オニールとのアルバムが、いよいよ来月出ます!
今回、日本盤はSWEET DREAMS から、アメリカ盤はK Records から、それぞれジャケも仕様も変えてのリリース!
Sweet Dreamsのほうは、ボーナストラック4曲に、スイドリでのご予約を頂いた方にはさらに特典CDRがついたりと、さすがの親元、大放出。
Kのほうは、ヴァイナルとCDと配信と、多様なメディアに対応!5月24日発売。

すごく気に入っている。いやー、また続報、思い入れは後日!

一足お先に、ここで一曲聴けます!!!

taranika_front-1.jpgタラ・ジェイン・オニール&二階堂和美
『タラとニカ』
2011年5月15日発売
¥2,100(本体 ¥2,000) SDCD-006
17曲収録(うち4曲は国内盤のみ追加収録)

また、スウィート・ドリームス・プレスで直接ご予約・ご購入された方には、先着でアルバム未収録曲(アルバム・アウトテイク、ライヴ・トラック等)を収録した特製CD-Rをプレゼント。数に限りがございますので、ぜひお早めにご予約ください。

以下スイートドリームスのニュースより転用。
____________________

Sweet Dreams Press to release Tara Jane O’Neil & Nikaido Kazumi May 15
タラ・ジェイン・オニール&二階堂和美のアルバム『タラとニカ』完成しました!

2008年4月、そして2010年5月。タラ・ジェイン・オニール来日ツアー時に京都、琵琶湖畔、そして神戸で録音された二階堂和美との交感記録。タラの憂愁、ニカの奔放。タラ・ジェイン・オニールのサウンド・アーティストとしての直観力、二階堂和美のヴォイス・パフォーマーとしての敏捷性が遺憾なく発揮された手のひらサイズの即興アルバム。小さな小さな自由の実、愛くるしい奇妙をひと粒どうぞ。

さらに詳しくはこちら SWEET DREAMSのページ

read more

2011.04.06

本日19時「都市型狩猟採集生活」7 生放送

4月6日19時 #DOMMUNE にて坂口恭平「都市型狩猟採集生活」第7回続・エネルギー問題編を生放送
http://www.dommune.com/

read more

2011.04.01

高嶺格プレゼンツ:二階堂和美ミニライブ+クロストーク@広島市現代美術館

takamine2.jpg先日まで横浜美術館で開催されていた高嶺格(たかみね ただす)さんの、初の大規模な個展が広島市現代美術館にもやってきます!
というわけで(?)トーク&ミニライブにお邪魔させていただくことになりました。
高嶺さんとの出会いは、あれは2002年だっただろうか、どこかの美術館で高嶺さんの「God Bless America」を観ておもしろかったことを自分のWEBサイトのDiaryに書いたこと、一方の高嶺さんは私のライブを京都メトロで・・・とか続きはまたトークででも。
ちなみに2009年の「在日の恋人」出版記念イベント当時のDiaryこちら

横浜とはまた違った展示になるとか。
是非ともお越し下さい!
また、4/14からの制作ボランティアも募集中だそうです。詳細

2011年4月24日(日)14:00~15:30
高嶺格プレゼンツ:二階堂和美ミニライブ+クロストーク

高嶺格イチ押し、世界的に活躍する広島の歌姫、二階堂和美によるミニライブと高嶺格とのアーティスト対談です。
※要展覧会チケット、申込不要

高嶺格:とおくてよくみえない
場所 広島市現代美術館
会期 2011年4月23日(土)~7月10日(日)
開館時間 10:00~17:00
※5月3日のみ19:00まで開館。入館は閉館の30分前まで。
休館日 月曜日
観覧料 一般1,000(800) 円、大学生700(600) 円、高校生500(400) 円
※( )内は前売りおよび30名以上の団体料金
チケットぴあPコード:764-626
前売り券の取り扱い場所一覧
観覧料の区分について
主催 広島市現代美術館、中国新聞社
後援 広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送

read more

2011.03.30

「都市型狩猟採集生活6」と「ミツバチの羽音と地球の回転」

DOMMUNE 都市型狩猟採集生活6(2011.3.3放送/3.29緊急再放送)が、YouTubeにあがっています。
オフィシャルのアーカイブではないところへのリンクを張るのは不適切かもしれませんが、一人でも多くの方に見ていただきたい故、どうぞお許しください。
DOMMUNE part1「都市型狩猟採集生活 2011/3/3」坂口恭平×鎌仲ひとみ×飯田哲也
part1から8まで2時間余、是非とも全部ご覧ください。

同時に、鎌仲ひとみ監督の映画「ミツバチの羽音と地球の回転」まだみられていない方は、現在の上映館はこオフィシャルHPにてご確認いただけますので、ご参照ください。
「ミツバチの羽音と地球の回転」オフィシャルHP

参照リンク(最新情報として)
hitomi kamanaka on Twitter
飯田哲也 tetsu iida@ISEP on Twitter
DOMMUNE on Twitter

read more

2011.03.29

ドミューン、今すぐ見てください!

3/1のdiaryで紹介した番組が、福島原発の事故を受けて今再放送されています。
もう始まって半分終わっていますが、今すぐ見てください!

http://www.ustream.tv/channel/dommune

3/3 19:00 – 21:00
DOMMUNE「都市型狩猟採集生活・第6話」
出演:出演:坂口恭平(建築家)x 鎌仲ひとみ(映画監督)x 飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)

数日前にyoutubeにあがっているのを発見しましたので、見逃した方は探してください。
また紹介しますが、とりいそぎ!

read more

2011.03.15

カクバリズムとしての今後の動き

みなさん、こんばんは。カクバリズムの角張です。

今回はカクバリズム所属全バンド、アーティストを代表としてこれからの動きを
ご説明させていただきます。少し長いです。

このたびの大震災にあわれた方々、地域にお見舞い申し上げます。
そして遺族の方々には心より哀悼の意を表します。これからが本当に大変ですが、
頑張りましょう。これでしか表現できない自分がもどかしいですが、頑張りましょう。

そして復興にあたられている方々、海外からの救助隊の方々、不眠不休で
がんばってくださっている皆さんには本当に感謝の念でいっぱいです。
本当にありがとうございます。無理せずといっても無理してしまう事ですが、
体に気をつけていただきたいです。

そして、いま現在(3月14日)、音楽レーベル、音楽マネージメントとして
カクバリズムが最大限できることを昼夜考えておりました。

音楽を鳴らす事。そしてできる限り義援金などを生み出し、寄付する事。
長期的にそれを続けること。今回の大災害からの復興は本当に長い道のりになると思います。

僕の故郷、仙台市若林区の自転車でよく泳ぎにいっていた荒浜海岸での惨状や近くの町、よくあそびにいっていた石巻、塩竈、気仙沼、女川などの風景がそこには二度と見えないものとなってしまっています。もちろんほかの被災地もそうです。

東北地方太平洋沖地震の災害にあわれた方々が救助と復興のために微額でも長期的に
義援金を続けていきたいと思います。

2011年3月より今後のカクバリズムの関連するリリース物、および所属の全バンドの
主催ライブの売り上げからの義援金、またライブ会場での寄付などの受付、
T-シャツなど物販による売り上げからの寄付など、様々な動きの中で支え合える
ような形で物事が動くように実践させていただきます。カクバリズム所属の
バンド、アーティストのすべての活動が長期的な寄付、義援金として集約されていく
ようにしていきます。復興が目に見えて終わるということはないと思いますが、
カクバリズムとして今回の大震災と向き合い、一時的ではない寄付、活動をおこなっていきます。

失われたものが大きすぎる災害です。しかしながら、これからの長い復興の道のりの中で、再び故郷の景色が戻り、新しい命がうまれ、よりよい毎日がそこに刻まれるように。
そのためには義援金、寄付が少しでもそれらを生み出す手助けになるなら、少しでも
多く送りたいのです。

現在首都圏でも不安定な経済地盤となってきています。これから義援金、寄付を送る
ためにもこちらの足腰が弱ってはいけないと思っています。ゆえに日々をみなで支え合い、邁進し、いつものようにはいきませんが、活動していくべきだとも思ってます。
被災にあっていない所で心配されている皆さんの気持ちをこのやり方によって
一緒に被災地にお金という形や音楽という形の見えないもので届けたいとも思ってます。

停電や電車や行動の問題もございますが、臨機応変に対応しライブやCDリリースを
続けていきたいと思います。

僕らの最大限のやれることをやらせていただきたいと思います。

一日でも早く救助の手が行き届きますように。そして一日でも早くいつもの毎日が
みなさんにもどってきますように。少しでもその手助けが我々のような離れた形ながらできればと思っております。

                 株式会社カクバリズム 代表取締役 角張 渉
                 YOUR SONG IS GOOD / SAKEROCK / キセル
                  二階堂和美 / イルリメ / MU-STARS / cero
                          カクバリズム・スタッフ一同

read more

2011.01.26

なんと、うたのイワトがユーストで!

今年で5回目を迎える「うたのイワト」。
わたくし二階堂和美にとって、初めて”恒例”となっていたこのワンマンライブ、
2007年の一回目では、内橋和久さんを、
2回目では、渋谷毅さんと生駒祐子さんを、
3回目では、ソロで、
4回目では、黒瀬みどりちゃんを、
そして今年は、みどりちゃんに加え、ガンジー西垣さん、曽我大穂さんを、それぞれお迎えし、
最初はおそるおそる始めたこのがっぷりどっぷりワンマンも、いつのまにか自分の初出ネタを披露する一番のホームグラウンドとなっていました。と同時に、毎年即完するチケットに、大いにプロ意識を育てていただきました。
私にとって、最もごまかしのきかない方々の前でやるこのライブ。
10年20年、これだけは続けて行きたいなあと思っていたこのイベントも、
劇場側の都合で今年が最後となりました。
人生とはそうしたものなのですね。

今年のチケットもおかげさまで予約はうまり、お誘いしたくても当日劇場に入っていただくことはできません。
しかしなんと、「うたのイワト」側からの提案で、なんと今年はユーストリームでのライブ中継が実現されることとなりました。
これまでにも自分の出演したイベントがユースト配信されていたことは何度かあったようですが、ワンマンで、まさかこの秘密基地感のひときわ強い「うたのイワト」が、広く公開されることになろうとは予想しておりませんでしたが、
一度もおいでになっていただけなかった方にも、最後だから・・・ということで
思い切って配信してしまいます。
といっても、このライブは、例えばDOMMUNEのようなユーストのためのライブではありません。
どうぞ、ご了承ください。

当日ご来場くださるみなさまへ。
目立つカメラ等はないそうです。
どうか気にとめないでいてください。
私も気にしないようにやらせてもらいます。
ささやかな記念のものを作りました。
ご来場、心よりお待ちしております。

URLはこちら http://www.ustream.tv/channel/sora-kita
1月30日(日)午後7時に、こちらのURLを開いていただければ、観られるそうです。

本日のDoppelzimmerさんのライブも放映があるようですよ。

でも、うたイワ は きっと どこかで いつか つづきがある。
と 思う。

あ、関連ニュース カクバリズムNEWSにレコーディングの写真も載ってます。
あほな写真(笑)みんな私の横であんなあほなツラしてたなんてうらやましい根性。

read more

4 / 41234