二階堂和美 nikaido kazumi

news

2017.04.25

クラウドファンディングのお願い 残り2日!

映画「きよこのくら」

https://camp-fire.jp/projects/view/18487

お知らせが遅くなりまして、申し訳ありません。
二階堂が朗読を務めさせていただく映画「きよこのくら」の制作費のクラウドファンディングが、今日を含め、あと残り2日となってしまいました!
この映画は、詩人の永瀬清子さんの生家の蔵が取り壊しになることを受けて、生家保存会の方々の熱い思いによって制作されます。
監督は、永瀬さんと同郷である映画監督、中村智道さん。音楽は、チェロの坂本弘道さん。そして二階堂が永瀬さんの詩を朗読させていただきます。
福山の知人より、ご依頼いただき、お恥ずかしながらはじめて、永瀬清子という詩人のことを知りました。
明治39年から平成7年までを行きた彼女ですが、その作品からは、全く古くささを感じさせない、まるで同時代を生きる私たちの志や葛藤がそのまま重なるように思いました。
谷川俊太郎さん、アーサー・ビナードさんといった、現代を代表する詩人の方からも、またスタジオジブリの高畑勲監督らからも、高い評価をされながら、その知名度は決して高くはありませんが、このたびのご縁で、永瀬清子さんを知ることができ、とても有り難く思っています。
ローカルな場所で、農業や育児などを不器用にも精一杯向き合いながらの中での詩作、そこにある葛藤など、時代背景を考えると今の私たちの比はなかったと思いますが、是非一人でも多くの方に、出会っていただけたらと思っています。
3月に実際に永瀬さんの生家を訪ね、取り壊し寸前の蔵を見てきました。
先週4月19日、福山の某スタジオにて、朗読の録音もすでに済ませました。
映画の完成は、早ければ今秋とのこと、制作発表は追ってまたお知らせいたしますが、なにせ低予算での制作だそうで、私たち含め、関係者の心意気だけでやっているようなところがあります。是非とも、お気持ちだけでもご協力をいただけますと有り難いです。
クラウドファンディング、今日を含め、残り2日とはなってしまった段階で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
永瀬清子の映画「きよこのくら」を映像で残したい クラウドファンディング

二階堂和美


永瀬清子さん

生家にて


生家にて


スタジオにて