二階堂和美 nikaido kazumi

profile

おもに歌手。1998年の1stアルバムリリースから現在まで、20枚くらいの作品を発表。国内外のアーティストとのコラボやCM歌唱も多数。代表作は、全曲を作詞作曲した2011年発表の『にじみ』(2013年に『にじみ デラックス・エディション』として映像DVD付のボックス仕様で再リリース)。このアルバムがきっかけとなり、スタジオジブリ映画『かぐや姫の物語』(高畑勲監督)の主題歌「いのちの記憶」(作詞作曲・歌唱)へ起用されるなど、音楽ファンのみならず広く知られるところとなる。

東京での活動を経て、2004年より故郷である広島県在住。浄土真宗本願寺派の僧侶でもある。エッセイ執筆や、地元大竹市の公式イメージソング制作など、地域に密着した活動も展開中。

近作に『伝える花』(2015年RCC中国放送「被爆70年プロジェクト“未来へ”」テーマソング)、21人編成のビッグバンド、Gentle Forest Jazz Bandと組んだ『GOTTA-NI』(2016年)など。www.nikaidokazumi.net

biography

1974

  • 広島県(病院は山口県)に生まれる。実家は浄土真宗本願寺派のお寺。

1990

  • ガンズ&ローゼズのコピーバンドのボーカルを頼まれバンド活動開始。
  • その後さまざまなボーカリストを模倣することで歌唱法を習得。

1995

  • 5人編成バンド、ひなげしのボーカリストとして活動。

1997

  • ギターを弾きながら歌うというスタイルでソロ活動開始。

1998

  • 山口から東京へ移住。

1999

  • 1st『にかたま』(ウチダレコード)リリース。

2001

  • 2nd『たね I』(Lorca/DISK UNION)リリース。

2003

  • キャルビン・ジョンソン、リトル・ウィングス、マイクロフォンズのジャパンツアーへ前座出演。
  • 3rd『またおとしましたよ』(Poet Portraits) リリース。
  • 二階堂和美+モユニジュモ『live 08/feb/2003』(MOROHEIYA) リリース。
    京都ビエンナーレ2003高嶺格「在日の恋人」の会場、丹波マンガン記念館(洞窟)にてライブ。
  • マウント・イアリ(元マイクロフォンズ)と共に、4週間23公演のアメリカ初ツアーを敢行(のちにその様子はDVD+2CDのドキュメンタリー・ボックスセットとなってリリース)。

2004

  • 東京から広島の実家に居を移す。
  • イースタンユース主催のライブイベント”極東最前線”(@渋谷クラブクアトロ)に出演。
  • 大阪天王寺のギャラリー、e-bonにてイラスト個展&ライブ。
  • ベルギー、スペインにて3週間、アーティスト・イン・レジデンスとして滞在。

2005

  • DVD+2CDのボックスセット『Nikaidoh Kazumi U.S. tour 2003』(compare notes) リリース。
  • フジロック・フェスティバル初出演。
  • ロウライフ、レインボーヒル他、年間約60本のライブ公演。
  • にかスープ&さやソース『イピヤー』(ontonson)リリース。

2006

  • 花やしきにて、にかスープ&さやソースの発売記念ライブ。
  • ビル/ウェルズの招聘により、3週間のイギリス・スコットランドツアーをマヘル・シャラル・ハッシュ・バズ、カーマアイナ、テニスコーツらと共に廻る。
  • フジロック・フェスティバル、ボロフェスタ他、各地のイベントに出演。
  • 4th『二階堂和美のアルバム』(P-VINE) リリース。同アルバムが、ミュージック・マガジン誌他、数々の年間ベストに選ばれる。
  • 7inch『LOVERS ROCK / いてもたってもいられないわ』 (カクバリズム) リリース。
  • 資生堂 “インテグレイト”の テレビCMソングを担当。
  • 資生堂 “マジョリカマジョルカ”ウェブサイトの作曲を担当。(アレンジ・演奏はトクマルシューゴ)

2007

  • 広島FM「ニカイドのラジオ」(毎週日曜18:00〜18:30)スタート。(2008年7月終了)
  • デンマークにて開催される北欧最大のロスキルド・フェスティバルに出演。
  • にかスープ&さやソースでJCDN(Japan Contemporary Dance Network)主催 DANCE x MUSIC VOL.2に参加。ダンスユニット、ほうほう堂と制作、山口と京都で発表。
  • 池袋 自由学園明日館にて渋谷毅(piano)ゲストに迎えてのワンマンライブ。
  • 生駒祐子『エスキース・エスキース』にボーカルとして参加、ツアーへ同行。
  • 日産自動車”マーチ”のテレビCMソングを担当。
  • 同曲を収録したミニアルバム 『ハミング・スイッチ』(P-VINE) リリース。同アルバムがiTunesの「ベスト・オブ 2007〜エディターズ・チョイス」にて、ベスト・ニューアーティスト(J-Pop部門)に選ばれる。
  • F.B.I.、センス・オブ・ワンダー、フェスタ・デ・ラマ他、各地のイベント出演。
  • バックバンドを率いてのワンマンツアーを、東京、名古屋、大阪、広島にて開催。
  • カクバリズム5周年記念パーティ(@渋谷AX)に出演。
  • 12inch『ハミング・スイッチ』(カクバリズム) リリース。

2008

  • 富士通のdocomoF705iのTVCMソングで、大友良英と共演。
  • 野村辰寿のWEBアニメ『Moon Boon』(ROBOT)のエンディングテーマを栗原正己&イトケンとともに担当。
  • 浅川周監督映画『bluebird』に出演。
  • 元宮正吾監督による、にかスープ&さやソースドキュメンタリーDVD『HARMONIES』 (ontonson) リリース。
  • 新開地ミュージックストリート2008「音箱」展へ参加。
  • 大友良英×高嶺格による映像音響インスタレーション「orchestras」へ参加。
  • サマーソニック、セットストック、カイコー・ミーツ・レボリューション他、イベント出演。
  • ダブル・フェイマスの結成15周年記念ツアーにゲスト・ボーカルとして参加。
  • 世田谷美術館 ダニ・カラバン展会場にて、にかスープ&さやソースライブ。
  • カバーアルバム『ニカセトラ』(P-VINE)リリース。

2009

  • 『ニカセトラ』発売記念ツアー~距離の近い人たちへ”ワンマンツアー。08年12月~09年4月にかけ全国19カ所をソロ弾き語りで回る。
  • 広島にて主催イベント”堂脈”を始動。”堂脈vol.1″のゲスト:Calvin Johnson, Carl Blau, Tenniscoats
  • Vincent Moon の撮影によるMusic Videoシリーズ『Fiume Night』で「レールのその向こう」が公開。
  • “堂脈vol.2″開催。 ゲスト:みにまむす
  • アラバキ・ロック・フェスティバル、ライブアースまつやま 他、各地のイベントに出演。
  • “堂脈vol.3″開催。 ゲスト:さえずりな夜(山村誠一、山田や~そ裕、MAX土居)
  • neco眠るwith二階堂和美で『猫がニャ~て、犬がワンッ!』(DODDODOのカバー)の7inch(Kakubarhythm)リリース。(neco眠るの2nd『Even Kick Soy Sauce』への収録が初出)
  • 岡田真由美(Double Famous)、黒川紗恵子(ko-ko-ya)、生駒祐子(mama!milk)との4人で譜面を文通しながら曲を作る”往復譜面プロジェクト”を実施。高遠ブックフェスティバル、荻窪ROKUJIGENにてライブ発表。
  • にかさや2nd『One Summerheim』(Someone Good/Room40)リリース。9月、オーストラリア・ツアー。
  • V.A.『くるり鶏びゅ~と』(NOISE McCARTNEY RECORDS/SPEEDSTAR RECORDS)に「宿はなし」で参加。
  • 山口県祝島で毎週月曜日夜に行われている「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の集会に参加、ライブを行う。
  • “No Nukes Relay~瀬戸内海の海を原発から守りたい~”に賛同、参加。
  • 広島在住のピアニスト、黒瀬みどりをサポートミュージシャンに迎えるスタイルを開始。
  • “堂脈vol.4″開催。 ゲスト:neco眠る、DODDODO、OORUTAICHI
  • EGO-WRAPPIN’の”Midnight Dejavu”にゲストボーカル出演。

2010

  • ギターの弾き語りで新旧の自作曲のみを収録した『solo』(Kakubarhythm)をツアー用にリリース。
  • イギリス(スコットランド)のグラスゴーにて行われる”Celtic Festival”に、Bill Wells、トクマルシューゴと共に出演。
  • 秋吉台芸術村のシリーズ企画、”Beyond the Wall vol.10″で「二階堂和美~絵かき・うた・ライブ」としてオリジナルの絵かき歌を制作、発表。
  • CS放送キッズチャンネル”ハッピークラッピー”4月の歌「あたらしいなまえ」(詞:渕上純子 曲:吉原リエ)の歌唱担当。
  • 洋服ブランド、minä perhonen(ミナ ペルホネン)「2010 Spring / Summer Collection Movie」の音楽を担当。
  • “堂脈vol.5″開催。ゲスト:CINEMA dub MONKS
  • Tara Jane O’Neilとのジャパンツアー&アルバム制作。
  • KAIKOO POPWAVE FESTIVAL、円盤ジャンボリー、岩木遠足、京都音楽博覧会、STARS ON他、各地のイベントに出演。
  • 広島現代美術館主催「ゲンビどこでも企画公募2010展」の特別審査員を担当。
  • 藤井よしえの救済コンピ『4-DIMENSION MUSIC THERAPY~Tribute to GARORINZ~』に参加。
  • “堂脈vol.6″開催。ゲスト:田口史人(円盤寄席)
  • “アルバム着手記念~二階堂和美のワンマンライブ2010″を、カクバリズム主催で渋谷クアトロと広島クアトロで開催。

2011

  • 2007年から毎年恒例のワンマンライブとなっていた”うたのイワト”が5回目を迎えて終了。
  • 広島現代美術館にて、高嶺格プレゼンツ:二階堂和美ミニライブ+クロストーク。
  • ミナペルホネンの「mina-perhonen 2011-12 Autumn/Winter Collection Movie」に、モデル&音楽担当として出演。
  • こどもちゃれんじ(ベネッセ)の「しまじろうチャンネル」にて公開の「ねんちょうさんのうた」の歌唱担当。演出:伊藤ガビン、編曲:蓮沼執太
  • 大阪市役所 玄関ホールにて、インターナショナルワークショップフェスティバル「300DOORS」企画『二階堂和美の声色講座』 開催。
  • Tara Jane O’Neilとの共作アルバム『タラとニカ』(Sweet Dreams)リリース。アメリカでのライセンス盤はK Records より別ジャケットでヴァイナルがリリース。
  • 『タラとニカ』発売記念として日本とアメリカでライブツアー。
  • バンクーバーで開催された、”Powell Street Festival”に、にかさやで出演。
  • 全曲作詞作曲の渾身の5thアルバム『にじみ』7月6日リリース。
  • 「おんなはつらいよ」MV公開 監督:伊藤ガビン 撮影:新津保建秀
  • 「お別れの時」MV公開 制作:坂本渉太
  • “ほぼ日刊イトイ新聞”主催のユーストリーム七夕ライブが放映。
  • “ほぼ日刊イトイ新聞”コンテンツ『福島の特別な夏。』のエンディング・ムービーにて歌唱担当。
  • 10月~12月『にじみ』発売記念全国ツアーをバンドで回る”にじみの旅”

2012