二階堂和美 nikaido kazumi

news

2010.08.11

『電信柱エレミの恋』トークショー&原作本

20100803_1854234.jpg

昨年11月のNEWSで推薦させてもらった映画『電信柱エレミの恋』が、今週末より広島の横川シネマにて上映が決まりました!

その時のブログ。

つきましては、おこがましいかな推薦人として(?)、中田監督とのトークのお相手をさせていただきます。映画の上映の後、トークです。日がどんどん短くなっていって、どんどん切ない気持ちが高まっていくこの季節にこの映画、もう胸が締め付けられて締め付けられて、またしても嗚咽をとめられないかもしれなく既にため息がでますが、そんな切ないこの映画からもやはり背中を押されます。電信柱がこんなにあの手この手をつくしているのに、私たちが歩いてゆかないなんてもったいない。
トークイベントには都合がつかずとも、映画、是非見てください。
__________________________________

■『電信柱エレミの恋』公開二日目 中田秀人監督×二階堂和美トークショー
日時:2010/8/15(日)16:40
特別料金:前売・予約1000円 当日1300円
※メール予約(当日精算)をご希望の方は、件名を「エレミトーク予約」として、お
名前・枚数・ご連絡先を明記の上、当アドレス宛にお申し込みください

◎人間に恋をした電信柱”エレミ”の物語を、8年の歳月をかけて映像化したストップモーションアニメーション。切ない物語と丁寧に作り込まれたどこか懐かしい手触りの映像が、高い評価を得ている作品です。この作品の公開初日、中田秀人監督と、この映画に惚れ込んでいる歌手の二階堂和美さん(そもそも最初に横シネにこの映画の上映を薦めてくれた人のひとりが彼女!)によるトークショーを行ないます。
ソバットシアターのWEB
↑二階堂さんの推薦コメントも読めます

横川シネマWEB
________________________________

original_jk.jpg「原作、読ませていただくことは可能なのでしょうか?」
ちなみに、この『電信柱エレミの恋』の原作本が出版されています!原作者は井上英樹氏。ズバリ原作タイトルは『電信柱 電子の恋』。でんこ!
その帯のコメントを書かせてもらっています。上記のがそれ。人生初の、本の帯。
挿絵、題字はnakabanさんです。
お買い求めはこちら
横川シネマ売店でもお求めいただけます。
ところでnakabanさんの絵本がまたいいのです。実は広島ご出身です。

read more

2010.08.03

横川シネママンスリーペーパーへ、イラストコラム掲載

ひとコマにか01.jpg横川シネマで配られているマンスリー・スケジュールペーパーに、先月より「ひとコマにか」というイラストコラム(?)の掲載がスタートしました!落書きですが。
一瞬お楽しみいただけたなら幸いです。
それはともかく、映画の紹介を読まれて興味をそそられたら、ぜひとも横川シネマへ足をお運びくださいね!
映画館で見る映画がほんとの映画。
たまに、ほんといい映画をやります。
(たまに?)

read more

2010.08.03

ガロリンズ・トリビュートアルバムの詳細 追記!

Diary「藤井よしえという生きぼとけ」で書かせてもらいました、藤井よしえのバンド、ガロリンズのトリビュートアルバムです。発起人は、Limited Express (has gone?) のYUKARIちゃん。同じくリミエキの飯田仁一郎くんが動いてくれています。誘ってくれてありがとう!みなさん、是非買って聴いてください!!
____________________________________

福岡アンダー・グラウンド・シーンの中心で奮闘してきた藤井よしえ率いるGARORINZ (ガロリンズ)。彼女と親交の深い15アーティストによる、2010年の最も重要なコンピレーション・アルバムが完成!
g_cover1.jpg 2010.07.27 Tuesday
4-DIMENSION MUSIC THERAPY
〜Tribute to GARORINZ〜

参加アーティスト
RUINS alone / デラシネ / Limited Express (has gone?) / イルリメ / accidents in too large field / 曽我部恵一 / JON (犬) / MELT-BANANA / EEVEE ft.1Z3 / KIRIHITO / PANICSMILE / DODDODO / eastern youth / 二階堂和美 / あふりらんぽ

今、最も熱く面白い福岡アンダー・グラウンド・シーン。その中心で奮闘してきた藤井よしえ率いるGARORINZ (ガロリンズ)のトリビュート・アルバムが完成した。彼女は、これまでに全国からLimited Express (has gone?)〜eastern youth〜イルリメ〜曽我部恵 一〜二階堂和美〜U.G MANなどなど… 様々なバンドを招聘し続け、フリー・ペーパー「TIME MARKET」、雑貨・音源の店「PLASTICA」、カフェ「cafe and bar gigi」、ライブ・ハウス「PublicSpace 四次元」を運営し、「ART CORE」、「TIME MARKET」、「絶頂天」、「総決起集会」等の主催や共催、企画発案に携わり、福岡のローカル・シーンを語る上では避けて通れないシーンの要である。そんな彼女と親交の深いアーティストが集い、一枚のコンピレーション・アルバム『4-DIMENSION MUSIC THERAPY〜Tribute to GARORINZ〜』を完成させた。このトリビュート・アルバムから聴こえてくる音魂は、単なるカヴァー曲集では収まりきらない、各バンド/アーティストのリスペクトを捧げた想いだ。Rockin’ Jelly Beanによる描き下ろされたジャケットと、StoryWriter西澤裕郎の解説により、更にその意味は深くなっている。あなたはこのアルバムを手にした時に初めて、その重みに気付く。2010年の最も重要なコンピレーション・アルバムになるであろう本作により、福岡ローカル・シーンと、ガロリンズ、そして藤井よしえという存在をたくさんの人が知るきっかけになって欲しい。

*全曲、ガロリンズとnoumi yoshie(藤井よしえソロ)のカヴァー楽曲です。

2010 / 09 / 03 out !!!
LessThanTV / ch-80 / 2100yen(in tax)

01. you are king in smell small country / RUINS alone
02. Chicken / デラシネ
03. selfish days / Limited Express (has gone?)
04. Free / イルリメ
05. サディスティックラブ / accidents in too large field
06. Queen / 曽我部恵一
07. Remain / JON (犬)
08. Queen’s Heart / MELT-BANANA
09. 夢の影 / EEVEE ft.1Z3
10. trip! / KIRIHITO
11. RIGHT DRESS!! / PANICSMILE
12. I Have No Legs / DODDODO
13. I need I / eastern youth
14. sweet wind (noumi yoshie) / 二階堂和美
15. イロアザヤカ / あふりらんぽ

Produced by Jun Taniguchi & Yukari Taniguchi
All tracks mastered by Kentaro Takahashi at Memory Lab, 2010
Illustrated by Rockin’ Jelly Bean
Designed by Mai Seike & Yukari Taniguchi
text by Hiroo Nishizawa
Photo by Takashi Araki

GARORINZ are yoshie, TERUYO and chie… thanks a lot!!!

This is “music therapy” for yoshie
from Less than TV

GARORINZ biography
GARORINZ are yoshie(G.Vo) / TERUYO(Ba.Vo) / chie(Dr.Vo)

98年3月結成された3ピース・ガールズ・パンクロックバンド。
赤痢に影響されたというサウンドは、姉妹で繰出すリズム隊にヒステリックなギター、ヴォーカル絡みサイケデリックなアプローチを展開。自主イベント「Queens box」を主催し、福岡を拠点に精力的に活動。 関東、関西など国内のみならず、ロンドン〜韓国〜ニューヨークなど海外へのツアーも積極的に行ってきた。中心人物の藤井よしえはフリー・ペーパー「TIME MARKET」など主催の他、noumi yoshie名義でのソロ・ワークでも活動。

GARORINZ

藤井よしえブログ

Limited Express (has gone?) ブログ

二階堂和美 Diary

read more

2010.07.29

藤井よしえ(ガロリンズ)トリビュートに参加!

ニカさんも古くから親交がある福岡のガールズパンクバンド、ガロリンズの藤井よしえ(G, Vo)が癌で現在闘病していることを受けて、彼女を慕うアーティストたちがトリビュートアルバムを制作致しました。

ニカさん、今回も非常に素晴らしいカバーをしております。皆様、是非お聞き下さい。

V.A.『4-DIMENSION MUSIC THERAPY 〜Tribute to GARORINZ〜』
2010年9月3日 発売
\2,100 Less Than TV

01. you are king in smell small country / RUINS alone
02. Chicken / デラシネ
03. selfish days / Limited Express(has gone?)
04. Free / イルリメ
05. サディスティックラブ / accidents in too large field
06. Queen / 曽我部恵一
07. Remain / JON(犬)
08. Queen’s Heart / MELT-BANANA
09. 夢の影 / EEVEE ft.1Z3
10. trip! / KIRIHITO
11. RIGHT DRESS!! / PANICSMILE
12. I Have No Legs / DODDODO
13. I need I / eastern youth
14. sweet wind(noumi yoshie) / 二階堂和美
15. イロアザヤカ / あふりらんぽ

ガロリンズ
LESS THAN TV

read more

2010.06.28

6月29日ライブはマヘルにも!

今週火曜日、6月29日のヲルガン座でのライブで、二階堂和美と黒瀬みどりさんが、マヘルにも参加することになりました。他にもメンバーがいる模様!どんな演奏になるのやら!あのヲルガン座のクセの強い独特のピアノで・・・。ハラハラ。じゃなかった、ドキドキ。2006年のスコットランドツアーでも、2007年のコペンハーゲンのロスキルドフェスでも、マヘルのメンバーとして出演させていただきましたが、それ以来、久しぶり。
この日は工藤礼子さんのソロ、二階堂和美with黒瀬みどり、マヘル・シャラル・ハッシュ・バズ(祝島ヘル)の3組(出演順)の演奏となります(フロントアクトじゃなくなってる・・・)。どうぞお楽しみに!
ちなみに、スコットランドツアーの日記は、colmn「つれづれにか」のvol.27〜44へ掲載しています。マヘルも時々出てきますので、よかったら〜。

ではでは、平日の夜ですがヲルガン座にて、お待ちしています!
19:30スタートです。

read more

2010.06.25

「ゲンビどこでも企画公募2010」で特別審査員を担当!

二階堂和美が美術展の特別審査員をやらせていただくことになりました!
募集は6月1日から既に開始しておりまして7月26日締切必着です。
みなさんふるってご応募ください!!楽しみにお待ちしています!!
_________________________________
ゲンビどこでも企画公募2010dokodemo3.jpg
「ゲンビどこでも企画公募2010」は、広島市現代美術館の無料パブリックゾーンを使って、作品展示・発表する公募展です。ゲンビの様々な空間(エントランスホール、回廊、ホワイエ、ミュージアムスタジオ、階段まわり等)で展示・発表するサイトスペシフィック(その場所ならでは)な作品を募集します。絵画、立体、映像、インスタレーション、パフォーマンス等、作品メディアは問いません。ゲンビのスペースで発表したい作品展示プランを応募してください!入選した作品は、9 月18 日から10 月11 日まで一般公開します。

◎企画を募集します!
募集期間 2010 年6 月1 日(火)~7 月26 日(月)必着
募集内容
・美術館の無料のパブリックゾーン(エントランスホール、回廊、ホワイエ、ミュージアムスタジオ、階段まわり等)を活用した作品。
・開催期間を通して展示できる作品であることが必要です。(パフォーマンスや演奏の場合は1日でも可)
・ジャンルは問いません。(実現可能なもの)
審査・選考
 広島市現代美術館と特別審査員による審査を行い、入選者(8 名/組程度)を選出します。その中から、さらに特別審査員賞を選出します。(選考結果の発表・通知は2010 年8月中旬予定。)
特別審査員 都築響一(編集者)、二階堂和美(ミュージシャン)、森村泰昌(美術家)
賞および賞金 特別審査員賞 3 名/組(都築響一賞、二階堂和美賞、森村泰昌賞、各1 名/組)
特別審査員賞には協力地元企業より副賞が授与されます。また、入選者全員に金一封(5万円)を授与します。

dokodemo_flow.gif
◎展覧会を開催します!
会期 2010 年9 月18 日(土)~10 月11 日(月・祝)
開館時間 10:00~17:00
※入館は開館の30分前まで
休館日 月曜日(7月19日(月・祝)を除く)
観覧料 無料
主催 広島市現代美術館
協力 オタフクソース株式会社、株式会社アンデルセン 広島アンデルセン

詳細・応募要項はこちらから

お問い合わせ:広島市現代美術館
電話:082-264-1121 ファックス:082-264-1198
E-Mail: hcmca@hcmca.cf.city.hiroshima.jp

read more

2010.06.01

Double Famous ライブ&ドキュメンタリーDVDが 6/9リリース!

ついに!Double Famousの ライブ&ドキュメンタリーDVD『火曜日のワルツ』〜世界は廻る〜が発売されます!内容は、2008年恵比寿 ザ・ガーデンホールで行われた15周年記念公演の模様を中心としつつも、その後のインタビューや、それ以前の映像なんかも交えたドキュメンタリー。感慨深い!15年やってたってすごい!その後メンバーの脱退、休止があり、今ではもう見ることの出来ないフルメンバー。ゲストボーカルとして出演した、中納良恵さん、Leyonaさん、そして二階堂和美も、けっこうフィーチャリングしてもらっています!(「夜来香」も「幸せハッピー」も)これは必見です!!

トレイラーがご覧になれます!こちら
____________________________

jk400.jpg
Double Famous ライブ&ドキュメンタリーDVD
『火曜日のワルツ』~世界は廻る~
2010年6月9日(水)発売
3,500円(税込)
Blues Interactions inc./P-VINE Records
2010年/日本/DVD/カラー/STEREO/本編87分

それは15年前に生まれた。続いてゆく日々。廻る世界。
2008年9月、東京発無国籍音楽エスペラント集団Double Famousが結成15周年公演としておこなった「Double Famous presents Brilliant Colors at 恵比寿ザ・ガーデンホール」の模様を軸に、15年間の記録やインタビュー映像から浮かびあがる、続く旅の物語。
―――――彼らを記録し続けた気鋭の映画監督・甲斐田祐輔による、バンド初の映像作品。

監督 / 編集:甲斐田 祐輔
出演:Double Famous
(栗林 慧 青柳 拓次 栗林 務 藤田 文吾 坂口 修一郎
岡田KAYA真由美 細窪 洋介 民 高木 二郎 畠山 美由紀)
中納 良恵(EGO-WRAPPIN’) Leyona 二階堂 和美

収録曲:
Africa
火曜日のワルツ
オーパパ
Jump Up
夜来香
Rusty Ship
ふたりのインドロック
Mandrill
Sympathy For The Devil (Double Famous+中納良恵)
Fire Fire (Double Famous+Leyona)
幸せハッピー (Double Famous+二階堂和美)

特設ページはこちら

read more

2010.05.25

映画『祝の島』先行上映会&纐纈あや監督×二階堂和美トーク

cache_2597179158.jpg6月6日(日)に、広島の横川シネマにて、映画『祝の島』先行上映会が行われます。
上映後に、纐纈あや監督と二階堂和美がトークをします!是非是非来てください!!

お問い合わせ 横川シネマ
■住所:733-0011 広島市西区横川町3-1-12 横川商店街ビルA棟1階
■電話&ファックス:082-231-1001 
■メールアドレス:cinema-st@mx41.tiki.ne.jp
前売り券発売中(上映+トーク 1300円)

GW中の5月4日に、先行上映されるというので祝島へ一足お先に見に行ってきました。
電車で横川シネマの支配人と当映画の本橋プロデューサーと合流。さらに電車をおりた駅で、画家の黒田征太郎さんがベンチに。ここの駅には自動改札がないのに、わたしがICカードで入札していたため駅員さんがあわあわしながら処理をしてくださった。時々無人の駅。本橋さん、黒田さんとは初対面でしたが、それからの1時間あまりの船の旅をご一緒するうち、仲良くなって、翌日予定されていた黒田さんのライブペインティング中に歌うことに。黒田さんのリクエストで、演歌中心に宴会ぽくやっとくれと。絵が描かれている間、午前中から無理やり宴会、応援だかなんだかわからない、芸を持ってる人がネタを出し合って時間を送った。午前中の日の光の中では湿ったド演歌は似合わない。カラッとした懐メロ。それよりもなによりも、地元の人たちの民謡はどうしてこんなにいいんだろう。とうていかなわない。生活に根付いた歌ってまさにこれだとひしひし感じ入りながら観客に回った。

監督は当初、原発の問題には触れるつもりではなかったそうです。
「島に流れるゆったりとした時間を撮りたかった」と。
でも実際は、島と島に暮らすすべての人とこの問題は切り離せないということで
こういう作品になったようです。(私見です)
是非、劇場でご覧ください!
昨年11月の公民館でのライブとつながって見えてくれたらいいな〜。あの仮装の”タミちゃん”ももちろん出演してます。(下記動画にも)
上映後の監督とのトークはいったいどんな話になるのやら!!!

本上映は、2010年6月19日、東京ポレポレ東中野と横川シネマの同時ロードショー!!です!!東京近郊の方は是非、ポレポレで見てください!!

映画の詳細は、「祝の島」のオフィシャルHPこちら をご覧ください。

映画「祝の島」予告編はこちら

上記の5月5日ライブペインティングの様子がこちら

昨年11月の公民館ライブの様子はライブラリーにもあげてます。こちら

read more

2010.05.14

二階堂和美&DOUBLE FAMOUSの日比谷野音が最高でした!スペシャで放映します。

去る4月29日に行われたスペースシャワーTV主催の「Sound Garden」に
二階堂和美&DOUBLE FAMOUSが出演!

共演にサニーデイ・サービス、トクマル・シューゴと豪華!春の野音を存分に
楽しみました〜!

気持ちいい夕方前の時間にニカさんが登場!DOUBLE FAMOUSと一緒に
アレンジした曲たちもいつもより伸びやかに鳴ってました〜!最高!

出番前の伊達男と伊達女達!クールだぜ〜!

ATC_1782.jpg

そりゃ上機嫌な演奏!

ATC_1808.jpg

新曲にして、すでに名曲「女はつらいよ」も披露!「幸せハッピー」もやりましたよ!

ATC_1893.jpg

気付いたらすぐライブ終了!もっと聞きたかった〜!最高でした。

トクマル君、サニーデイ・サービスも最高のライブ!う〜ん、楽しい。

最後に全員でセッション!まさかの「恋は桃色」。これがまた凄いよかったんです。

news_large_SESSION.jpg

こんな楽しいライブをなんとスペースシャワーTVで放映するんです!是非来た人も
見てない方も見てください!

ニカさんのライブはいつでも良いですが、ここ最近は非常に素晴らしいのでみなさん
の街にお近くの際には是非みてください!週末は町田です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SPACE SHOWER TV presents Sound Garden 特番
初回放送 5/18(火)21:00〜22:00
リピート放送 5/21(金)22:00〜、5/26(水)23:00〜、5/30(日)25:00〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広報担当:ファッツ・ドミオ

read more

2010.04.22

季刊『真夜中』にロング・エッセイ

jkt09.jpg本日発売の季刊誌「真夜中」に、ニカさんのロング・エッセイが掲載されております。
今回の特集テーマは「わたしたちの信仰」ということで、ニカさんも僧侶としての立場から執筆しています。

真夜中オフィシャルWEB
季刊「真夜中」
No.9 2010 Early Summer
2010年4月22日発売
定価 1260円(税込)
ISBN 978-4-89815-289-8

特集 わたしたちの信仰
はるか先の逃避行の場所ではなく、わたしたちの近くのどこかについて。
 
・ビジュアル Photography:曽根崎アキノリ
 シアタープロダクツ特製『お守り』
 マイク・エーブルソンの考察『好奇心のノート』
 qpの地獄絵『閻魔王界罪科軽重決断所之図』
 大原大次郎写経『般若心経二百六十六字』
 大宮エリー 作『真夜中のおみくじ』
 
・柴崎友香「三月の東京。木を辿って歩いた一日。」
 Photography:田附 勝
 
・円城 塔 読み切り小説「パラダイス行」
 
・坂本大三郎「不思議と僕とほかひびと」
・二階堂和美「歌は私のなんまんだぶつ」
・若木信吾「発見された走り書き」
・宮川 隆 インタビュー「祈りにも歌にも小説にもなる絵」
・東野翠れん「七つの祝福」
 
・コラム「信仰と△△」
 〈映画〉阿部和重/〈写真〉小原真史/〈食〉中山茂大
 〈音楽〉田中宗一郎/〈住居〉坂口恭平
 
特集 此岸の映画
今を生きる若者を描き出した、「刺さる」力作3本をレビュー。
 
・大森立嗣「『息もできない』が息するところ」
 『息もできない』(ヤン・イクチュン監督)
・篠田千明「諦めて勝ちにいけ、えびばでぃ!」
 『川の底からこんにちは』(石井裕也監督)
・岩淵弘樹「行方」
 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(大森立嗣監督)
 
Special Visual 写真:曽根崎アキノリ
 
巻頭コラム 星野 源/赤塚りえ子/長谷部千彩
 
読み切り小説 津村記久子「健康診断」
 
好評連載
寺尾沙穂 戌井昭人 いしいしんじ 保坂和志 高山なおみ eri
秦早穂子 宇野邦一 蓮實重彦 黒沢清 青山真治 北村道子 ECD
 
参加作家ほか多数!

(宣伝部員:ポップトロール)

read more

2 / 41234