スタジオジブリ映画『かぐや姫の物語』が北米にて公開中!

二階堂和美が『いのちの記憶』で主題歌を担当した
高畑勲監督スタジオジブリ映画『かぐや姫の物語』が、
北米での上映が決定、現在絶賛公開されているそうです!

10606140_315828635263541_7501330971022545302_n.jpg


『The Tale of The Princess Kaguya』のタイトルで、
ニューヨーク、ロサンジェルス、そしてカナダ・トロントの3ヶ所で上映がスタートし、
10月24日からはサンフランシスコやシアトルなどで新たに9スクリーン、
その後もスクリーンが増え、40余りのスクリーンで上映予定とのこと!

英語吹替版では、かぐや姫役をクロエ・グレース・モレッツさんが
担当するほか、豪華俳優さんが声優を担当されているそうです!

ニカさんの『いのちの記憶』は日本語版に引き続き
北米の上映版でも最後に主題歌として流れます。

縁あって主題歌を担当させて頂き、とても思い入れある映画になった
『かぐや姫の物語』が、世界の人に見て頂けるのかと思うと、、
更にそこでニカさんの音楽が聞いてもらえると思うととても嬉しいものです。。

もしこのHPを遠い北米の国からご覧頂いている方や
ご友人、ご家族が住んでいらっしゃる方がいらっしゃったら
是非お知らせして頂きたいです!

上映館の情報は北米上映版のfacebookでご確認下さい。

日本では12月3日に遂にDVD、Blu-rayでの発売が決定しております。
こちらもお楽しみにしていて下さい!


スタッフ

2014.10.27 22:44

タラ・ジェーン・オニールの来日ツアーはじまります!

アメリカに住む旧友、タラ・ジェーン・オニールが、3年ぶりに日本にやってきます。今年の3月4月に予定されていたツアーが急遽中止となってしまい、ご予約いただいていた皆様にはたいへんご迷惑をおかけしましたが、今年中に実現してほんとに良かったです!
tjo2014_webimage.jpg
タラジェーンとは、2002年の初来日の時に共演をして以来、日本に来る度にどこかで一緒にやって、その度ごとに少しずつ仲良くなっていき、2011年には「タラとニカ」(sweet dreams)というアルバムを作るほどに。そのアルバムリリース時の日記はこちら
ちょうど「にじみ」と制作年もリリースタイミングも重なって、わたしにとって「にじみ」と「タラとニカ」は表裏一体の作品。2011年4月にこのアルバムのツアーを一緒に回った以来の来日、私はその年の8月にアメリカで一緒にツアーをしているので、それ以来の再会。私にとって8年ぶりに訪れたアメリカは、その年月で突き進んできた自分をまるでお風呂に入れてくれるような日々でした。各地で迎えてくれる旧友、オーディエンス。彼らの家に泊めてもらい、変わったこと変わらないことなどを肌で感じながら、ひとつ大きなけじめがついたのでした。そしてタラの、人としての魅力を改めて知る旅でもありました。はじめて彼女の土地に行き、彼女の運転、彼女の段取りに、ただついてゆく旅。その新鮮さ、心地よさ、頼もしさ。これまでの彼女の来日ツアーすべてをアテンドしてきた福田教雄さんと私を、彼女は最大限の誠意を持ってアテンドしてくれました。ちょっと乱暴で、でもスウィート。バンクーバーの空港で忘れてきた私のMacも、彼女の空港職員との巧みな会話術で無事戻ってきました。なんでそんなところで相手にファーストネーム聞くかね?みたいな、いちいちかっこいいタラでした。
あの夏、ポートランドで別れて以来の今回。
あれからの3年間、またお互いが過ごした時が、音となって出てくる。同じ曲を聴いても、そのたびごとに味わいは変わる。でも辛いくらいに過ぎたはずの空気がフラッシュバックしてくることもある。旧友と再会することは、怖くもあるけれど、大事な節目でもある。特に言葉でそれができない外国の友人とは、音楽でそれを確認しあうしかないので、よけいに。

年を重ねるごとにどんどんシンプルに、深く優しくなっていくタラジェーンの音。今回はどんな音がでてくるのか。彼女と一緒に何をしようか。何を歌わせようか。

二階堂和美が共演させていただくのは、24日、兵庫の旧グッゲンハイム邸のみとなりますが、各地でそれぞれ、そこでしか出てこない音がその場を充たすことでしょう。是非居合わせてください。

ちなみに前々回は「蘇州夜曲」、前回は「サザエさん」が課題曲でした。どちらも最高にスウィートでした(よね?)。

TJO JAPAN TOUR 2014
タラ・ジェイン・オニール ジャパン・ツアー2014

10月21日(火)東京・渋谷 7th FLOOR(03-3462-4466)
東京都渋谷区円山町 2-3-7F
w/ ハウシュカ、三富栄治+mangneng+服部将典
開場 7:00pm/開演 8:00pm
料金 4,000円(前売)/4,500円(当日)*ドリンク代別
チケット:会場、ローソンチケット(Lコード:76779)、e+
予約:WINDBELL

10月22日(水)松本 アレックス(0263-38-0050)
長野県松本市深志 1-2-8-B1F
w/ 柴田聡子、ヨダサチエ
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 3,000円(前売)/3,500円(当日)*ドリンク代別
予約:会場、Girls Rock Japan

10月23日(木)京都 アバンギルド(075-212-1125)
京都市中京区木屋町三条下ル ニュー京都ビル3F
w/ Gofishトリオ(テライショウタ+稲田誠+黒田誠二郎)、ASUNA
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 3,000円(前売)/3,500円(当日)*ドリンク代別
予約:会場

10月24日(金)神戸 旧グッゲンハイム邸(078-220-3924)
兵庫県神戸市垂水区塩屋町 3-5-17
w/ 二階堂和美
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 3,000円(前売)/3,500円(当日)
予約:会場

NEW POP #14
10月25日(土)浜松 ズートホーンロロ(053-458-1388)
静岡県浜松市中区成子町 56
w/ れんげ、グレープフルーツフルフラット、kotolis
開場 6:00pm/開演 6:30pm
料金 2,500円(前売)/3,000円(当日)*ドリンク代別
予約:sone records

TONOFON SOLO & SWEET DREAMS 2014
10月26日(日)東京・町田 しぜんの国保育園 small village
東京都町田市忠生 2-5-3
w/ トクマルシューゴ、mmm、酒井己詳、西森千明、てぬぐい+mangneng、スッパマイクロパンチョップ
録音(出張・新曲の部屋):黒岡まさひろ、伴瀬朝彦(ゲスト)、仲原達彦(司会)
映像:戸井安代
展示:松井一平、ユカワアツコ *「small village -保育と表現-」展併設
開場 1:30pm/開演 2:00pm/終演 7:30pm
料金 3,500円(前売)/4,000円(当日)*中学生以下無料
チケット:tixee
*お陰さまでチケットは売り切れとなりました。どうもありがとうございます。

10月28日(火)東京・渋谷 オ・ネスト(03-3462-4420)
東京都渋谷区円山町 2-3-6F
w/ HELLL、アキツユコ、佐立努 with mangneng、嶺川貴子&ダスティン・ウォング(追加出演決定!)
開場 7:00pm/開演 7:30pm
料金 3,500円(前売)/4,000円(当日)*ドリンク代別
チケット:会場、ローソンチケット(Lコード:76508)、e+

以上、10月26日を除く全公演のご予約は「tjo2014jp@gmail.com」でも承ります。1)ご希望日、2)人数、3)お名前(フルネーム)、4)電話番号、以上の4つを添えてメールをご送信ください。当日、受付でお名前を確認後、前売り料金でご入場いただけます。なお、公演によっては予約確認メールにある整理番号順でのご入場となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

招聘:株式会社スタンダードワークス

共催:WINDBELL(10.21)、Girls Rock Japan(10.22)、塩屋音楽会(10.24)、sone records(10.25)、Tonofon(10.26)

協力:BARAM、しぜんの国保育園 small village(10.26)、saitocno(10.26)、安永哲郎事務室(10.28)

2014.10.18 18:18
Pagetop ▲