つれづれにかvol.37

イギリス/スコットランド ツアー 2006 日記 その11

4月17日(13日目)
 移動日。朝食食べ、支度をして、post office、でもやはりイースターで休み。姉にハガキを書いたが住所がわからずTel して聞き、甥と姪の声を聞く。それほどホームシックにはならなかったが、まあやはり、電話口からぶわっと自宅の空気がでてくる。絵ハガキを4枚おとす。
 アバディーンから船を渡ってストーノウェイという島へ。陸路の途中の街で軽いランチ。近くに古いキャッスル。立ち寄るがなんだったかわからない。スーパーマーケットの中のイートインでスープとエビフリッター。
 港。船の待ち時間で石投げ。植野さんたちがやっていてえらく楽しそうで、そんなに面白いんだろうかと、あまりにも暇だしやってみる。がやっぱりあまり面白くもない。子どもの頃から川ぞいに住んでいたのでなじみの遊びだしみんなよくやりたがるが、昔からあまり得意じゃないし闘争心もわかない。獲得心くらいわいても良さそうなのに。けど暇なのでそこにいる。生チョコみたいな石を拾う。へこんでいる感じの四角さ。乾いたら生チョコみたいじゃなくなった。石拾いも何が面白いのかわからないが、テレビがつまらなくてもなんとなくザッピングしている感じと似ている。なにか面白いものに出会えるかもしれないというかすかな期待。も捨てて、おみやげものと日用雑貨を売ってるお店を物色。なんか掘り出し物ありそな雑多さ加減に長居。コネクト4(ツアー車で流行っていた、オセロ感覚のゲーム)を買う。自分が持って帰る用。ようやく乗船。船のチキンカレーが山口大学第一食堂のカレーそっくりでおいしかった。船はゆれまくった。が、加美さんのラジオ番組2回目生出演、無事終了。船中、mp3で自分のUStourのライブ音源を聴く。へ~。
コネクト4


 夜9時を過ぎてもまだ明るい。ホテルはとてもクラシック。オートロックじゃなくてラク。初のシングルベッド(いつもはダブルサイズかツインの一人使用)。タイ料理屋行くがやっていなくてchinaのテイクアウト。星野監督とイッセー尾形氏似のおっちゃんが親切。ホテルのロビーで皆で食べる。とても味よく。隣のバーでプール。っていうのはビリヤード。食事前にジョン(運転手)vs青柳さん、ジョンvs工藤さんというのがあって、全くやったことなかったけど、見てたら自分もやってみたくなった。食後、植野vs青柳、ニカvsカトリーナ、ニカ&カトリーナvsジョン&さや。とても楽しかった。部屋かえって、撮影したビデオ見返してしまったほど。

掲載:QUATTRO PRESS vol.83 / PARCO-CITY FLYER 2009 March
Pagetop ▲